Requires a javascript capable browser.

ガイソー池袋店

施工前の様子はこちら
屋根施工前
既存屋根材はアスファルトシングルです。全体的に退色が見受けられるため、今回のタイミングで塗装することを推奨します。
屋根施工前
屋根施工前
外壁施工前
既存外壁材はALCボードです。コンクリートを軽量気泡化しており、断熱性・耐火性・耐久性に優れた材料ですが、防水性に乏しいのが特徴の素材です。
外壁施工前 カビ/コケ発生
外壁材に一部カビ・コケが発生しているところがあります。今回塗装をするにあたり、専用の添加剤を塗料に混ぜることで、カビ・コケの発生を抑制することができます。
外壁施工前 ひび割れ
外壁にひび割れがあります。各箇所シーリング材等の補修をしてから外壁塗装をすることで外壁を長持ちさせることができます。
雨樋施工前
雨樋の退色や塗膜の剥がれが見受けられます。今回、外壁と併せて塗装をすることで長持ちさせることができます。
基礎施工前
基礎の一部にひび割れが見受けられます。補修および塗装をすることで基礎の中性化を予防し、建物を長持ちさせることができます。
1F東面出入口鉄枠 施工前
出入口の鉄枠が錆び始めています。サビ止め塗装をすることで長持ちさせることができます。
1F東面鉄製引き戸 施工前
鉄製引き戸が錆び始めています。サビ止め塗装をすることで長持ちさせることができます。
シーリング/目地 施工前
打ち継ぎ(横目地)シーリングの劣化が進行しております。今回のタイミングで打ち替えをすることで雨水の浸入を阻止し、建物を長持ちさせることができます。
シーリング/目地 施工前
打ち継ぎ(横目地)シーリングの劣化が進行しております。今回のタイミングで打ち替えをすることで雨水の浸入を阻止し、建物を長持ちさせることができます。
シーリング/窓まわり
窓まわりシーリングの劣化が進行しております。今回のタイミングで打ち替えをすることで雨水の浸入を阻止し、建物を長持ちさせることができます。
現調打合せ記録でご要望を確認
現地調査では建物の気になっている状態や外壁塗装をする目的などを詳しく伺って「現調打合せ記録」に記録をします。
ご要望を丁寧にお聞きして、ご希望に合った工事をしっかりと施工します。
調査結果を報告書として提出
建物診断の結果を弊社の調査ガイドラインに沿って、外壁屋根を40項目に及ぶ箇所を調査し報告書と状況写真をご提出します。建物の劣化状況が正確に解りメンテナンスの必要性の有無が判断できます。



【外壁と屋根のメンテナンスについて】

外壁や屋根は日々さまざまな影響を受けています。
外壁と屋根のメンテナンスについて
外壁や屋根は日々さまざまな影響を受けています。
建物は自然環境下にあり、いつも雨風にさらされ屋根や外壁は劣化が進み放置すると老朽が進行します。外壁と屋根のメンテナンスをすることをお勧めします。

⇒『メンテナンスの時期と工事の方法』
施工中の様子はこちら
足場仮設
外壁塗装工事は高所での作業なので建物外周部に足場を組み立てます。

外壁に壁つなぎアンカー打ちを行い、1階の建物入り口は出入りが出来るような組立を行いパイプコーナーガードなどを要所に設置します。
欠損部補修
ひび割れて欠けた箇所の補修をします。
欠損部補修
シーリング材で補修しました。
亀裂補修
サッシの下に亀裂している箇所があり、ここもシーリング材で補修します。
亀裂補修
亀裂部分の補修が完了しました。
外壁下塗り
下塗り塗料は、塗装面と仕上げ塗り塗料の密着性を高める接着剤のような役割があり、 上塗り塗料だけでは密着力が弱く、塗装面にそのまま塗料を塗ったとしても、すぐに剥がれてしまいます。

外壁塗装の下塗り施工動画
⇒『外壁塗装の下塗り施工動画』
外壁中塗り
3回塗りの2回目に塗る工程になります。ローラーが使えない狭い箇所などは、ハケでしっかりと塗り込みます。

外壁塗装の中塗り注意点
⇒『外壁塗装の中塗り注意点』
外壁上塗り
3回目に塗る仕上げ塗装です。塗料によって決まっている標準塗布量や乾燥時間をしっかりと守ることにより、強い塗膜を作ります。ローラーが使えない狭い箇所などは、ハケでしっかりと塗り込みます。同じ塗料を使用しても、塗り方によって耐久性が全く違ってきます。
外壁上塗り
外壁塗装の上塗り注意点
⇒『外壁塗装の上塗り注意点』
外壁塗装完了
外壁塗装が完了しました。
屋根塗装下塗り
下塗り用塗料を使い密着性が高めることで、塗装が剥がれにくくなり、塗料本来の性能や耐久性を発揮します。

屋根シーラー塗りの極意
⇒『屋根シーラー塗りの極意』
屋根塗装中塗り
3回塗りの2回目の中塗り作業です。手塗りのローラー工法で、3回も塗り重ねることを標準仕様としています。従来の吹き付け工法とは違い、施工実績豊富な職人が手塗りローラー工法で何度も塗料を重ね塗りすることによって、長期に渡り美しく耐久性の強い塗膜を生み出します。

屋根中塗り・上塗りの極意
⇒『屋根中塗り・上塗りの極意』
屋根塗装上塗り
3回目の仕上げ塗装です。ムラ無く規定塗布量をしっかりと塗ります。同じ塗料を使用しても、塗り方によって耐久性が全く違ってきます。
付帯部・基礎塗装
基礎塗装の仕上げ塗りです。

基礎塗料材はポリマーセメント系一材型補修材で特殊繊維が含まれているので付着力が強く、特殊骨材により塗膜を3ミリまで厚塗りすることも出来ます。
仕上がりの差は付帯部塗装の動画
⇒『仕上がりの差は付帯部塗装』
付帯部・入口枠塗装
鉄部塗装の目的は、塗り替えによる美観の回復だけではなく、錆による劣化を防ぐ「錆止め」が最大の目的となります。
鉄は酸化して「錆びる」と見た目が悪くなるだけでなく強度が低下し形状が崩れたり破損したりして元通りに戻りません。
付帯部・扉
外壁塗装の下塗り施工動画
⇒『外壁塗装の下塗り施工動画』
付帯部・扉
お引渡しの前に当社の厳しい施工基準にて完了検査を行い、お客様にも確認をしていただきます。細部までしっかり確認後、養生を剥がして足場を解体します。家全体と近隣の清掃をして工事の完成です。
工事完了報告書を提出
お引渡しの後に工事完了報告書と工事保証書を提出させて頂きます。工事後も安心してお住まい頂けますよう保証内容や細部までしっかりと施工をした状況が確認できます。
お引渡し後でも何か気になることが御座いましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。
見積依頼で3つの特典プレゼント
外壁塗装がわかる解説資料がもらえる

⇒『外壁塗装がわかる無料プレゼント』
施工前後の写真をご紹介!
屋根
外壁
ガイソーは商品代+工事費込みの安心価格!
高耐久塗料から超耐久の屋根材まで
外装リフォーム専門店ならではのプランを
ご提案致します。
各リフォームコーナーの入り口はコチラです!
無料30秒!私の家の外壁塗装はいくら?
見積りを依頼する